ハッピーメールにて連絡を取った25歳、フリーターの巨乳ロリっ子。ご飯に誘う文言でメールを送りつつも、目的はやはりセックスです。

メールには「暇だから会って遊んでくれる女の子を探している」「軽い自己紹介」「ご飯だけでもいいから」という内容を書きました。

巨乳ロリっ子からの返信は「ご飯だけなら」というものでしたが、会う約束はできたのでこれでよしとしました。

お互いに近い駅での待ち合わせを決め、すぐに会いました。

川崎駅にて巨乳ロリっ子と待ち合わせ。見た目はももクロのレッドのようなえくぼが可愛い子でした。約束通りにご飯を食べるため、居酒屋へ行きました。

自分も巨乳ロリっ子もお酒が好きだったので、自分も飲みつつ巨乳ロリっ子にも飲ませました。二人ともいい感じに酔いが回り、下ネタを交えつつ楽しくお話をしました。

そして、二軒目の話をしつつ、ホテルへと引っ張っていきました。巨乳ロリっ子はいやがるそぶりを見せなかったので、そのままチェックインしました。

部屋に入り、とりあえず座って飲み直しました。

テーブルに寄りかかる巨乳ロリっ子。そのおっぱいがテーブルにのっかり、僕の興奮がより高まりました。

トイレに行って戻り、となりに座ってイチャイチャしました。

巨乳ロリっ子はキスをするのが好きみたいで、キスを長い間続けました。キスをしながら、大きなおっぱいを揉みしだきました。

おっぱいがかなりの性感帯のようで、塞がっている口から、くぐもった喘ぎ声が聞こえ始めました。

僕がそのままおっぱいから下に手を這わせて、パンツに触れると、アソコはすでに濡れていました。パンツの横から指をすべらせて、ワレメをゆっくりとなぞりました。

巨乳ロリっ子は声をより大きくして、腰をくねらせました。

それでもゆっくりと動かし続けていると、ついに巨乳ロリっ子が「もっと激しくして」とおねだりしてきました。

実は、巨乳ロリっ子にはMっ気があることを居酒屋で聞いて知っていたので、巨乳ロリっ子のおねだりを無視してさらに焦らしました。

ついに巨乳ロリっ子が我慢しきれず、僕の勃起したモノをまさぐり始めました。じゅぷじゅぷと音をたてながら、美味しそうに舐めたり咥えたりしました。

そこで僕は巨乳ロリっ子の頭をつかんで、自ら腰を動かしました。巨乳ロリっ子は苦しそうな顔をしながらも、パンツをグシャグシャに濡らしていました。

その事に気づき、僕ももう我慢できず、巨乳ロリっ子をベッドに乗せ四つん這いにさせました。そのままパンツを脱がせ、有無を言わさず一気に奥まで挿入しました。

巨乳ロリっ子はその雑な扱いがよかったのか、入れた瞬間大きな声をあげてイキました。

体をビクビクと震わせながら、僕のが挿入されているにも関わらず、愛液をどんどんあふれさせました。

耳元で「休む時間なんてあげないよ」というと、中がきゅっと締まり、僕は激しくピストン運動を始めました。

お尻を軽くたたきながら腰を打ち付け、時に乱暴におっぱいをつかむ。そういうことをする度に締まりがよくなり、体を震わせながらイキ狂ってました。

体位をかえながら何度も突き、最後はももクロのレッド似の可愛くも気持ちよさに歪んだ顔に射精しました。

顔にかけられた巨乳ロリっ子は、恍惚とした表情になり、精液を舐めながらも、僕のモノをお掃除フェラしてくれました。

ももクロのレッド似の巨乳ロリっ子とはまだ関係が続いてます。

僕はハッピーメールで出会える女の子を探しています。メールを送るとすぐに返事をくれる子が多いので誘いやすいです。

もちろん、エロ目的というのは隠して、「ごはん食べましょう!」「カラオケ行きましょう!」という名目で僕は誘っています。

実際に会って飲みに行くのであれば、お酒の力を借りて下ネタをいってみたり、ボディタッチを増やしてみたりして、反応を見ます。

カラオケに行くのであれば、お酒を飲める状況ならお互いお酒を飲んで楽しく歌う。もしお酒がなくても楽しく歌い、勢いで肩を組んだりしてボディタッチをしています。

どっちのパターンでも、ボディタッチを嫌がらなければセックスまであと一歩。

僕は二軒目の相談をする中で、冗談っぽく選択肢にホテルを入れつつ、誘導してます。

相手が拒否しなければ、そのままホテルにチェックインしています。