「処女を喪失したい」という女子大生を発見!

PCMAXでプロフ検索から女性を探していた所、「処女を喪失したい」という細身の女子大生のコメントがありました。

優しい言葉で文章を作成してメッセージを送ったら、すぐに返信が来て、「会いませんか?」と返ってきたのです。

これに返信して「本当に私でいいんですか?」と聞いてみたら、「優しそうなので、いいかなって思って!」と返ってきました。

それで、lineの番号を記入して「連絡ください」と送って待っていたら、lineにメッセージが届いたのです。

電話番号を交換して、会う約束をしました。

写真通りの細身の女子大生とホテルへ!

駅の改札を出た所で、女子大生と待ち合わせをしました。実物は少しぽっちゃり目だけど、写真通り細身の女子大生でした。

まず一緒に食事をしながら話をして、予定通りホテルに行くことになりました。

女子大生は私と会った時、「優しそうな方で良かった。安心した」と言いました。

二人っきりで歩いていた時、「処女喪失の相手って、女性にとっては大切なことじゃない?」と聞いたら、「私は、ぜんぜん気にしないです。でも、優しい方がいいかな。痛いの嫌だし」と言って、私ににっこりと笑顔で答えてくれました。

ホテルに入り、部屋を選んで入室しました。

女子大生の服を一枚一枚脱がせて全裸に

部屋に入ったらベッドに荷物を置き、女子大生と抱き合いました。そしてキスをしながら、女子大生の服を一枚一枚脱がせていきました。

下着姿になった時、恥ずかしそうに手で胸とあそこの部分を隠していました。

私も服を脱いでから一緒にシャワー室に行き、女子大生の下着を脱がそうとしました。そしたら、「私、自分で脱ぎますから見ないでください。」と。

後ろを向いてしばらく待ち、「もういいですか」と聞いて「いいですよ」と返ってきたので、私は女子大生の方へ振り返りました。

女子大生はバスタオルで裸の体を隠していました。

「シャワーに入るんだから、バスタオルは取った方がいいよ」と言うと、女子大生は顔を赤くしながらバスタオルを取ったのです。

女子大生の全裸を見たら、細身でとても綺麗な体をしていました。あまりにも綺麗な体だったので、私は緊張してしまいました。

女子大生に「男性のあそこを見たのは初めて?」と聞いたら、「お父さんの見たことがあります。」と答えました。

「触ったことある?」と聞くと、「ないです。」と答えたので、「触ってみてもいいよ。」と言って、女子大生の手を私のあそこに触れさせました。

いったん手を引いたのですが、二度目に触った時にはもう慣れたのか、恥ずかしがりながらも優しく握ってくれました。

女子大生に握らせるだけでは恥ずかしいかなと思って、私からも女子大生にキスをして、胸を触りました。

乳首をくりくりと指でいじった時に、気持ちいいのか、女子大生の口から喘ぎ声が聞こえてきました。

私は女子大生に「もっと声だしていいからね。我慢するのはだめだよ。」と言って緊張をほぐしてあげました。

触っていたあそこが徐々に大きくなってきたので、私の体を洗ってもらいました。「おまたも洗うんだよ」と言って、私の股間やお尻も洗ってもらいました。

私も女子大生の体を洗ってあげようと、しゃがんでいた女子大生を立たせました。ソープを泡立てて、胸や首回りから洗ってあげました。

徐々に手を下に移動して、「足を開いてね」と言って、女子大生のオマンコを丁寧に洗いました。

オマンコを洗う時に触ってみると、ぬるっとした感触があったので、感じてくれたのかなと思いました。

そのまま指を少しだけ入れたら、「痛い」と言う声が聞こえました。後にとって置こうと思って、その場は手で洗ってあげるだけで終わりにしました。

濡れた体を拭いてバスタオルを巻いて、二人でベッドに行って座りました。

私がキスをしながら、細身の女子大生を寝かせてバスタオルを取り、体を舐めました。

胸も結構大きく、Eカップと言っていただけあって揉みがいがありました。

乳首を舐めたり、甘がみをしたりして、感じさせていきました。

しばらく愛撫していると女子大生が「おしっこしたい」と言ってきたので、一緒にトイレに行って、おしっこしてる所を見せてもらいました。

あそこを拭いてあげてからベッドに戻り、再び愛撫を始めました。

女子大生の細い足を開き、オマンコもアナルもまる見え状態にしました。

そして優しく舐めてあげながら「おしっこの味がする」と言うと、女子大生も「恥ずかしい」と言ってきました。

私はそのまま、まんぐり返しにした状態で、アナルも舐めました。すると「そこはだめ、恥ずかしい」と言ったのですが、そのまま続けました。

女子大生のあそこも濡れてきたので、私も気持ちよくさせてもらおうとフェラをしてもらいました

その後、彼女を寝かせて、正常位で挿入することになりました。

「少しずつ入れるから、痛かったら言ってね。」と言って足を広げて、亀頭から少しずつ入れました。

「痛い」と叫ぶ声が聞こえましたが、まだ亀頭が入っただけだったので、「もう少し入れるよ」と言って、少しずつ深いところまで入れていきました。

女子大生の目から涙がこぼれたけど、私は彼女に「もう少しがんばろうか」と言って、何度か中断しながら挿入を試みたのです。

「大丈夫だよ、私を信じてね。」と言って何回か繰り返していくうち、ついに奥まで入れることができました。

その時、膣の中から血が出てきました。

私は締りが良い処女のオマンコを十分に味わってから、正常位でフィニッシュしました。

中だしはせずに、イキそうになった時に外に出したので、妊娠はしてないと思ってます。

終わった後、女子大生は横向きになって泣いてましたが、「優しくしてくれてありがとう」とお礼の言葉を言ってくれました。

出会い系サイトで出会う秘訣

出会い系で出会えていない方は、女性に対しての気遣いができていないのかもしれません。

女性と男性は考え方が全く違うので、女心を理解してあげることが大切だと思います。

メッセージのやり取りでは、最初からやりたいとか下ネタを送ると女性は警戒します。だから、やり取りを開始した直後は、そういったエロ系の話はしない方がいいと思います。

しばらくやり取りをして女性の信頼を得た後、少しずつエロ系の話にもっていけばいいと思いますね。