PCMAXで見つけた女性にメール。すぐに返事が。

PCMAXのプロフ検索で、私のタイプな顔の女性が引っかかりました。正直かなり気になる女性だったので、30分ほどメッセージの内容を考えてからメールを送りました。

するとあっさりと返事が返ってきました。

その後いろいろと他愛もないやり取りをしていて、彼女が私の家の近くに住んでいるということがわかりました。

行きたいお店があったので彼女を誘うと、彼女はあっさりと承諾してくれました。

彼女から腕をからませてきて、そのまま自然とホテルへ

彼女は待ち合わせ時間から少し遅れてきました。それからお店に入ってすき焼きを食べましたが、彼女はお酒が好きらしくけっこうな量を飲んでいました。

お店を出た後のことは特に何も話していませんでした。

この後どうやってホテルへ誘おうかと考えていると、彼女の方から自然と腕を絡ませてきました。

私より背の低い彼女の方に目をやると、彼女は上目遣いで少し笑いました。

お酒のせいか頬が少し赤らんでいて、出会った時よりも柔らかい印象を受けました。そして、そのまま自然とホテルへ入りました。

ホテルに入った瞬間、キスをせがんできた

ホテルへ入ると、彼女はキスをせがんできました。部屋のドアの前でキスをすると、彼女の柔らかい舌が私の舌にまとまりつくように絡んできました。

私は彼女の太ももに手をやり、短い彼女スカートをたくし上げるように触りました。

彼女の肌はびっくりするくらいにすべすべで、私は彼女の肌から手を離すことができませんでした。

お尻の方へ手をやると、彼女からかすかな喘ぎ声が聞こえてきました。彼女の舌の動きはさらに激しさを増していきました。

私は我慢ができなくなり、彼女を半ば強引にベッドへ押し倒しました。

ベッドに横たわった彼女は、不敵な笑みを浮かべていました。私はなぜかその表情を見ると、彼女のことが愛おしく感じていました。

そして、ベッドの上で再び彼女とキスをしました。

彼女の手は官能的な手つきで、私の頬や耳を撫でまわしていました。

私が自分の服を脱ぎだすと、彼女はシャワーを浴びるといってあっさりとバスルームのほうへ歩いていきました。

私は少し肩透かしをくらったような気分でしたが、冷蔵庫からビールを取り出して飲みました。

彼女を待っている間は全く落ち着きがなく、興奮が冷めやらない状態でした。

私はバスルームへと向かい、扉を開けました。

彼女は少し呆れた顔でこちらを見ました。しかしその顔は、私には優しさにあふれているように感じました。

ベッドへ行くと、彼女は私の体を大好物なものを食べるようにむしゃぶりついていました。

そして、私の上に乗り、自から私のモノを自分の中に導いていきました。そして淫らに腰を動かし続けました。

私が果てた後もお構いなしに腰を動かし続けていました。そしてぐったりと私の上にのしかかるようにしなだれました。

彼女のキレイな肌は汗でしっとりと濡れていました。

彼女は一年前に彼氏と別れてから、寂しさから出会い系サイトを使うようになっていったようです。

私は彼女と再び会いたかったのですが、彼女はその場限りの関係を望んでいるようでした。

出会い系サイトでイケメンに勝つにはメッセージ内容が重視

出会い系サイトでは当然ですが、女性の方ばかりに意識が集中します。女性のプロフ検索はしても、男のプロフなんて見ようとはしないでしょう。

だから、たいていの人はライバルの存在を意識することなく、出会い系サイトを利用していると思います。

不用意にメッセージを送って返事が来ない人は、自分のプロフや掲示板のメッセージの内容が「ライバルより勝っているか?」を全く意識していないからです。

目の前には見えないライバルが何十人もいるのです。その中にはイケメンもいます。その中から選んでもらうには、メッセージの内容重視で勝負する姿勢が必要不可欠です。